島根県出雲市という場所

島根県出雲市という場所

出雲市は、平成17年3月に出雲市、平田市、佐田町、多伎町、湖陵町、大社町が合併し、さらに平成23年10月には斐川町と合併しました。

島根県東部に位置し、北部は国引き神話で知られる島根半島、中央部は出雲平野、南部は中国山地で構成されています。
また、「神話の國 出雲」として知られるとともに、出雲大社、荒神谷遺跡、西谷墳墓群などの歴史・文化遺産と、日本海、宍道湖、斐伊川などの豊かな自然に恵まれた地域です。斐伊川と神戸川に育まれた豊かな出雲平野は農業生産力の高い地域であります。

そんな出雲市の中でも「あろえん」がある簸川(ひかわ)平野は、出雲神話に出てくるヤマタノオロチ伝説が伝えらる雄大な河川の斐伊川(ひいかわ)と、良質でミネラル豊かな類まれな土壌や、四季折々の気候の恩恵を受けると自然豊かな場所です。

あろえんの近くの斐伊川の夕景

あろえん代表「杉谷泰春」の想い

あろえん代表「杉谷泰春」の想い

アロエとの出会いは祖父母の介護がきっかけ

数年前までは介護の仕事をしていましたが家庭の事情により家業の農業を継ぐことになりました。就農当初はミニトマトなどの常備野菜を生産しておりましたが、収量、価格などが安定せず農業を続けるか悩む日々が続きました。同じ頃、高齢の祖父母の食事が喉を通らず体調を崩しやすくなっており、なんとか何かを食べれる物をと探し回った結果、アロエが食用として使えることを知り、試しに庭に数株ほど無造作に植得られていたアロエをさばき、生で祖父母に食べてもらうと次第に食欲が戻り体調が改善されたのです。
この体験により、世の中にはアロエを必要としている人がもっといるのではないか?もっと誰かの役に立つのではないか?と思い立ち、地域の直売所、ネット通販でアロエベラの販売をはじめました。

皆様にアロエの素晴らしさを知ってもらいたい

健康寿命を伸ばすための食事・運動などの生活習慣に対する世の中の関心の高さを、前職の介護現場の経験から知っていた私は、健康を意識した商品、食材がこれから世の中で更に必要とされると考え、祖父母の介護経験で偶然取り掛かったアロエの栽培を本格化させることにしました。
どうせ作るなら、最高の品質ものを作ってお客様に心から喜んでもらいたい。
そして、「アロエを食べててよかった」「アロエに出会えてよかった」と私が得た感動を皆さまにも味わってもらいたい一心で巨大なアロエベラと毎日対話しながら最高のアロエベラを作るため日々研究を重ねております。

当農園の特徴

当農園の特徴

元気なアロエベラを育てるために

当農園の温室栽培でのアロエは雨風の影響を受けにくく病気にもなりにくい状態で育てられております。狭い面積で効率よく品質の良いアロエを収穫するため、毎年春から夏にかけて不要な苗、葉を丁寧に取り除き、年に1回植え替えを行っています。他産地は一度植えたら3年放置し、収穫後もそのままの所が多いのが現状です。余分な葉を間引いたりする植え替えで廃棄の生葉は増えてしまうのですが、その分、苦味がすくなくネバリの強い重量のある高品質で選りすぐりの生葉が生産できるのです。
肥糧にもこだわり「鳥取県の境港のカニ殻」と「奥出雲町の酒造会社の焼酎かす」を使用。カニ柄は多く与えることでミネラルが豊富な透明で透き通った歯ごたえのある葉肉ができ、焼酎かすはアロエが病気になりにくく良質な生葉になる効果があります。

観光ついでに農園見学も来られます

ネット販売をはじめ5年が経ち、健康食材として毎月のように購入していただくお客様が増えました。当初はアロエの増産に取り掛かったものの満足のいく品質になるまで3年以上の期間が必要ということもあり直ぐにアロエとしての産業は成り立たず、3年後、ようやく計画していた収量まで生産体制を整えることができ、少しづつ口コミで広まったお客様からの注文もあり年間8,000kgを生葉として出荷しております。
最近では出雲という観光地ということもあり観光ついでに農園見学に来られる方も多くおられます。大変ありがたいことです。今後より地域に根付く産業として出雲産のアロエを盛り上げていきたく思います。

あろえんのこだわり

あろえんのこだわり

生の新鮮なアロエを直売で!

生のアロエにこだわり徹底した生産、品質管理。アロエの素晴らしさを全て知ってもらいたいからあろえんは直売にこだわります。農園から直接発送なので全てに管理が行き届き、新鮮で傷みにくく水々しい生葉を提供できます。今まで様々なお客様からご意見をいただいた結果、直送にこだわることが「お客様」にとっても、「あろえん」にとってもベストだと確信しております。

温室栽培

雨風の影響が無いため病気になりにくく綺麗な生葉が生産でき、健康で新鮮なアロエが育ちます。できるだけ多くのお客様に届けるために安定して生産できる体制を整えております。

小規模での生産体制

1株1株の花芽・子株の間引きを行い、また収穫までの3年間毎年植え替えることができる管理体制で「大きい」「苦くない」「ネバリが強い」上質なアロエが収穫できます。

食用専用にこだわる

お客様の口に入ることを想定して栽培しておりますので、徹底した品質管理を行っております。食用にこだわることは、最高品質のアロエを作ることと同義だと考えております。

あろえんの年間栽培計画表

あろえんの年間栽培計画表

当農園では1〜4初旬までは品薄となり、4月中旬より苗販売を開始いたします。あろえんのアロエベラが最も元気で美味しくなるのは7月からです!しかし、品薄の時期でも在庫がある場合がありますので、アロエベラがご入用の際はぜひ一度、お問い合わせください。

  • 品薄の時期(売り切れの際はお問い合わせください)
  • 苗販売可能な時期(数量限定のためお問い合わせください)
  • 品薄の時期(売り切れの際はお問い合わせください)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
会社概要

会社概要

事業所名所
あろえん
代   表
杉谷 泰春
所 在 地
〒699-0554 
島根県出雲市斐川町三分市2481
T E L
050-6861-8139
F A X
0853-63-0748
開   業
平成24年
事 業 内 容
アロエベラを中心とした農産物の生産、加工品の販売
年間生産量
アロエベラ生葉10t、アロエベラ苗3,000株
経歴

経歴

平成24年
500kg”あろえん”開業 アロエベラ生葉の販売開始
平成25年
1,500kgアロエベラ苗木販売開始 化粧品原料して出荷開始
平成26年
3,000kg温室ビニールハウス9a増築
平成27年
4,500kg温室ビニールハウス2a増築
平成28年
6,000kg地元少売店での取扱開始
平成29年
7,800kg関西地域百貨店での取扱開始
平成30年
10,000kg